ローンを返済できなくなりそうな時はどうすればいいか

相談

ローンを組む時は、返せる見込みがあるのですが、その後、予想外の状況が生じて返済に息詰まることがありますね。返済しないでいると督促状が届き始めてさらに焦ります。放っておくと最終的には強制執行になり給料の差し押さえということになります。

 

それで、もし、ローンが返済できなくなりそうなら早めにお金を借りている金融機関に行って、返済計画を調整してもらえるかどうか相談してみてください。その時に、返済できなくなった原因や今後の返済計画についてきちんと説明できるようにすることも大切です。返済する意思があることを示せば、債権者が事情を考慮してくれる可能性は高くなります。

 

もし、調整してもらうことができないようなら裁判所を通して個人再生の手続き取ることができます。個人再生は裁判所に認められれば、返済額が減らされて一定の期間以内に返済すればいいというもので、住宅を手放す必要がなく返済負担が減るというメリットがあります。また、住宅や高価な所有物は手放さなくてはならなくなりますが、負債が帳消しになる自己破産という手続きを取ることもできます。これも裁判所を通して行う手続きで、借金から完全に解放されるので、再出発がしやすくなると言われていますね。